身内だけで行う葬儀のことをいう

>

形式にとらわれない葬儀をする

このコラムをシェアする

故人が好きだった料理を食べる

通夜の時は、みんなで食事をしながら故人の思い出を話します。
一般的な葬儀は参列者をもてなすために、寿司など豪華な食事を提供します。
ですが家族葬儀はこの時に、故人が好きだった料理を食べることができます。
何の繋がりもない寿司より、故人が好きだった料理や、思い出深い料理の方が故人も安らかに眠れます。

家族葬は自由が利くので、故人が好きだった料理で最後のお別れをしましょう。
葬儀の計画を考える時に、つやの時に食べたい料理を伝えてください。
豪華な食事を用意しなくても良いので、ここでも費用削減が可能になります。
故人が好きだったものを食べることで、懐かしい思い出が蘇るでしょう。
やりたいことがあったら、どんどん伝えてください。

遺言を優先すること

葬儀に関して、希望を個人が遺すかもしれません。
それを、できるだけ叶えてください。
形式的な葬儀では、故人が満足して眠ることができません。
家族葬儀は、自由な葬儀ができるので故人の意見を尊重しやすいです。
故人が好きな曲があれば、それを葬儀中に流すこともできます。
明るい曲でも構いません。
葬儀の雰囲気に合わないかもしれませんが、そんなのは関係ありません。

故人が喜ぶということが重要です。
特に遺言がなくても、故人のことを考えてすばらしい葬儀にしてください。
故人らしい葬儀を目指しましょう。
このようなことがしたいけれど、葬儀でできるかわからないと疑問に思ったら葬儀社に相談してください。
家族葬儀なら、受け入れてくれることが多いです。