身内だけで行う葬儀のことをいう

>

気楽な雰囲気で葬儀ができる

このコラムをシェアする

もてなす手間を省こう

故人の家族は、葬儀では参列者をもてなさなければいけません。
参列者がいれば、それだけ体力を消耗します。
受け付けやお茶出しなどをする手間を省きたいなら、家族葬儀を選びましょう。
身内しか参加し手いないので、特別にもてなす必要はありません。
ゆったりと、葬儀を進めることができます。

心に余裕がないと、故人を温かい気持ちで見送ることができません。
普通の葬儀にした場合は、どのくらいの参列者が来るのか予想してください。
故人の知り合いがたくさんいる場合は、葬儀当日はもてなすだけで終わるかもしれません。
ゆっくりできないと思ったら、家族葬儀にするのがおすすめです。
故人の身内が少ない場合はもてなすのが大変なので、家族葬儀が良いでしょう。

ゆっくりお別れしたい

参列者がいないことで、故人とお別れする時間を長く確保できます。
大事な家族が亡くなったら、悲しくて参列者をもてなすこともできないかもしれません。
もてなすことよりも故人のそばにいて、お別れをしたいですよね。
葬儀の時しか、お別れするチャンスはありません。
このチャンスを逃すと、もうできなくなってしまいます。

普通の葬儀を選択してお別れをする時間を確保できないと、後で悔やむかもしれません。
もっときちんと故人とお別れしていれば良かったと思わないように、家族葬儀でお別れを済ませておきましょう。
身内しか参加しないので、どんなに泣いても大丈夫です。
参列者がいると、人の目が気になるので思い切り泣けないかもしれませんね。